キャッシング審査

審査基準の緩いキャッシングローン

確実にキャッシングするには、自分の借金総額と借入件数から借りれる消費者金融を探してみましょう。借入件数が4件以上の多重債務者は一番審査基準の甘いローン会社をおススメします。

キャッシングの金利は審査の甘さと比例します。審査が甘くなるほど金利も高くなりますし、逆に審査基準が厳しい大手のサラ金業者は低金利になります。同じ借りるなら金利の低い金融会社で借りたいものですが、そこはご自分の状況に合致した金融業者を選んで下さい。

基本的に借り入れ件数が3件以内で借金総額が年収の三分の一以内であれば、大手や準大手の消費者金融で融資可能です。余程のことがない限り、審査に通るでしょう。但し、アルバイトやパートは難しいです。年収が320万円以上のサラリーマンであることが条件になります。アルバイトや主婦の方は、審査に通る場合もありますが、借入限度額が低く設定されることが多いです。

確実に借りれる条件

借入件数4件以上の多重債務者

借入審査に通らない一番の理由は支払い能力不足と判断されることで、それは即ち、他社からの借入が多く、毎月の支払い額が収入に占める割合が多いと認識されることです。貸金業者が一番恐れるのは貸金の焦げ付きであることから、焦げ付いてしまう可能性の高い人は極力回避しようと考えます。

したがって、借入件数が4件以上の多重債務者ともなれば、どこでも貸してくれるというわけにはいきませんので、なるべく審査基準の緩いキャッシングローンを利用しなくてはなりません。それは、大手カードローンなどではなく、中堅中小の消費者金融ということです。

中堅キャッシングローン零細キャッシング

専業主婦への融資

基本的に専業主婦は収入がないので無職扱いとなりますが、夫がサラリーマンで、その夫の承諾書があれば審査には通ります。ただ、この場合も夫が一定の収入があるサラリーマンであることが条件になります。また、パートやアルバイトをして毎月の収入がある主婦の場合は、借り入れ限度額が低くなりますが審査には通ります。

なぜこのような規制が敷かれたかというと、一部の専業主婦が夫に無断で消費者金融でキャッシングをした上で、ブランド物や宝石類を買いあさったり、ギャンブルをして浪費をしたことが社会問題となったからです。

一昔前は、消費者金融を利用するのは殆どが男性でしたが、テレビコマーシャルなどでキャッシングが有名になって以降、女性の利用者が年々増加しています。最近ではほとんどの大手消費者金融が女性をターゲットとしたレディースローンを出しています。また、学生を対象とした学生ローンなども昔からあります。

web申し込みが簡単

現在の消費者金融業界は、大手や中小の殆どがwebサイトから融資の申し込みが出来ます。店舗窓口へ来店する必要はありませんが、人間性を審査で加味してもらいたい人は窓口審査もよいかもしれません。ネットキャッシングなら早いところで二時間程度で即日融資が可能ですし、ネットバンキングの口座を持っていれば、当日の17時までに申し込みを完了していれば、当日融資も可能です。

キャッシング比較

0

web申し込みが簡単

一番信用が高いのは公務員や大手企業のサラリーマンですが、たとえ年収が少なくても現在の借金総額が少なければ信用度はアップします。また、年収が高くても正規雇用ではない職種(期間工、臨時工)などは、信用度も低くなります。審査基準が厳しい大手キャッシングローン会社は審査に通らない場合もあるでしょう。確実に借りるためには、一ランク落として準大手か中小のローン会社を選びましょう。

最終更新日 2019/12/6

キャッシングの常識

サイト運営会社

代表者