金利の低い借入先

金利の低い借入先は大手銀行系の消費者金融が一番です。次に低い借入先は信販系のキャッシング会社になります。銀行ローンは2.0%前後で貸し付けをしていますが、個人ローンの場合は3.5%〜9.5%が相場です。

ただし、誰もが低金利で借りれるわけではありません。借入件数3件以上で借金総額が年収の三分の一以内であることが第一条件です。そして年収が300万円以上の正社員であることも重要な項目です。アルバイトやパートでも審査には通りますが、借入限度額は低く設定されてしまいます。

低金利の大手銀行系ローン会社の審査に自信がない場合は、一ランク落として中小の準大手消費者金融をあたりましょう。大手より審査は甘くなりますので、審査に通る確率が高くなります。甘いところになると借入件数が6件以上でも借りれる場合があります。

ただし、中小の消費者金融になると金利は12.0%〜18.0%になります。大手ほど金利が低くないのは仕方ないことですが、現在の上限金利は18.0%なのでそれ以上の金利を請求されれば、金融庁や消費者相談センターに相談しましょう。

審査に通る確率を高くするには、審査の甘い借入先を選ぶことですが、あまり審査の甘さのみを追求するのも考え物です。ヤミ金融といった違法業者にあたる可能性があるからです。最低でも貸金業登録をしている金融会社を選ぶ必要があります。

サイト運営会社

代表者